橋の点検の実習&見学

老朽化の現状や橋梁点検の実体験を通じて老朽化対策の理解を深めるために、環境都市工学科4年生が橋梁点検現場で老朽化対策の現場見学会に参加しました。

実際に高所作業車にのり、ハンマーを使った打音調査を行っている様子です。

長岡大橋において、実際の損傷を見ながら、学生達が自ら診断を行っている様子です。

老朽化した橋の現状やメンテナンスの方法について講義を受けている様子です。

 

半日という長い時間の中、国土交通省、企業の多くの方々のご協力により、学生たちは実り多き時間を過ごしていました。

この学生たちの中で、橋梁のメンテナンスにたずさわり、私達の暮らしを守ってくれる技術者が現れるのを期待します!

関係各位に感謝申し上げます。