土木学会全国大会&水文・水資源学会研究発表会

9月に2つの学会において本学科の学生が研究発表を行いました。学生達は日頃の研究成果を発表し、外部の研究者と熱い議論を交わしました。研究の課題等が見つかり、今後の研究の方向性がより明確になったことと思います。

第27回土木学会全国大会(岡山大学)9/16-9/18

  • 和田勇輝(専攻科1年): SUS329およびSM570で構成されるI形断面梁の純曲げ強度特性
  • 井比 亨(専攻科1年): 高強度補剛材で補剛される単リブハイブリッド補剛板の圧縮強度特性
  • 小見恒介(専攻科1年): ステンレス鋼と炭素鋼を突き合わせ溶接接合した厚板の異種金属接触腐植に関する実験的研究
  • 佐藤信輔(本科5年): 高強度ステンレス鋼へのRamberg-Osgood曲線の適用性の検証
  • 高橋寛成(本科5年): 材料強度のばらつきが板の面内曲げ強度特性に及ぼす影響
  • 品川 彰(専攻科1年): 表面吸水試験装置と目視評価を用いた既存コンクリート構造物の表層品質調査
  • 佐々木 悠祐(専攻科2年): タブレット端末を用いた橋梁概略点検システムの実施調査による有効性の検討
  • 土田 大嗣(専攻科1年): 日本とキルギス国におけるタブレット端末を用いた橋梁点検及び調書閲覧システムの開発
  • 加藤 将史(本科5年): 弾性解析による既設構造物への影響評価に関する検討
  • 石山 正太郎(本科5年): 大阪湾臨海部の大規模土留壁に生じた引張挙動に関する検討
  • 松本 拓未(本科5年): 都市部での非掘削切拡げ工法における支保工の挙動再現に関する検討

 

2015年度水文・水資源学会研究発表会(首都大学東京)9/9-9/11

  • 小池 高哉(専攻科2年): 基本高水流量における対象降雨継続時間の検討
  • 星野 大雅(専攻科1年): 年最大流量の非超過確率を用いた洪水危険度指標の不確実性の評価