3年生現場見学

9月27日に3年生の現場見学が行われました。

夏休み明け、早速です。

最初の見学先は、国道289号線八十里越道路 5号橋梁下部その2工事です。

道路事業と工事の概要を説明していただいた後、完成すると日本最大級の高さとなるP2橋脚の施工現場の見学と、鉄筋の結束体験をさせていただきました。

P2橋脚へは工事用エレベーターで昇り、昇降式移動型枠足場や3H工法の見学を行ってきました。

鉄筋の結束体験の状況です。

職人の技術を教えていただき、苦戦しながらも鉄筋の結束に挑戦しています。

 

次に、大河津分水路の見学を行ってきました。

資料館で大河津分水路の歴史や仕組みを学び、展望室の模型でこれからの改修事業についての説明をしていただきました。

最後に、実際に施工される予定の現場(第二床固)を見学しました。

5年、10年経ったときに、どのくらい変わったのか見に行ってみましょう。

 

最後に、ご協力いただきました関係各社様に御礼申し上げます。

(株)大林組様、国土交通省北陸地方整備局 長岡国道事務所様、信濃川河川事務所様

ありがとうございました。