校内行事

学生が英語で学科紹介 ISATE 2015

9月16から17日の3日間、長岡にて「The 9th Internatinal Symposium on Advaces in Technology Education, ISATE」が開催されました。9月16日の午後に、本校において、学科ツアーが行われました。専攻科2年生がシンポジウムに参加された外国、日本の方々の前で英語で学科の紹介を行いました。また、専攻科2年生はISATEの本会場においても、受付、案内等の係を務め、英語にて対応していました。この日のために一生懸命練習し、見事に英語にて会話をしていました。

学科全体の紹介をしている様子です。

オープンキャンパスが終了しました!

2015年度長岡高専オープンキャンパスが開催されました。

オープンキャンパス2015 環境都市工学科企画

2015年度長岡高専オープンキャンパスが8月8日(土)と8月9日(日)に開催されます。

ダンボールブリッジ2015 ~その2~

環境都市工学科名物「ダンボールで作る橋」の授業が終わりました。

今年も様々な形状の橋が作られており、独創的な橋も多く見られました。

それでは今年のTOP3の発表です。

1位 874N

2位 864N

3位 828N

基本形の橋梁を大幅に上回る素晴らしい結果となりました。

 

今回の講義で橋梁の基礎や構造的な部分だけでなく

試行錯誤による創造力が身についたのではないでしょうか。

受講者の皆さん、お疲れ様でした。次は1000Nを突破しましょう!

環境都市工学基礎実験2015

本年度からスタートしました「境都市工学科1年生の環境都市工学基礎実験」。今年は,コンクリートの配合(コンクリートのレシピのこと)コンペを行いました。

1チーム4,5名で編成し,計10チームがコンペに参加しました。本年度は,設定強度20N/mm2(最大荷重157kN)に近い強度のコンクリートを製作し,その製造コストを競いました。強度の大きさを競うのではなく,製造コストを競う点がポイントです。

所定の期日までに価格を提示出来ない場合,製作の際にコンクリートの量が足りなかった場合,強度が不足していた場合等,様々なペナルティー(違約金)が設定されています。

コンクリートのことはまだ何も勉強していない1年生ですが,少ないヒントを頼りに,一生懸命配合を考えていました。

 

今年の結果は以下の通りです。

順位

ダンボールブリッジ2015 ~その1~

毎年恒例の名物授業「ダンボールで作る橋」

環境都市工学科2年生の創造演習も終盤に差し掛かっておりますので、毎年楽しみにしている方へのご報告です。

 

この授業では、ボックスガーターと呼ばれる直方体の箱桁をダンボールで作製し

載荷試験により耐荷重の測定を行っています。

まずは基本形を作り、その後各自が試行錯誤し強度を出せるよう改良型の作製をします。

 

いよいよ来週は改良型の載荷試験となります。

昨年の最高記録は828N(体重82kgの人と同じくらい)でした。

今年は1000Nを突破できるでしょうか、楽しみです。

 

春の学科ガイダンス

環境都市工学科、環境都市工学専攻の全学生が集結し、春の学科ガイダンスが開催されました。

学科長挨拶の様子です。

今年度入学された留学生による自己紹介の様子です。

昨年度の卒業・修了後の進路の説明の様子です。

学習についての説明の様子です。

東山ファミリーランドへ遠足

東山ファミリーランドでリフレッシュしてきました。

各クラスに分かれて、炊事を行いました。炊事は、学生が材料の買い出しから、料理、後片付けまで行います。来年も晴れるといいですね!

環境都市工学科3年生の様子です。おいしそうなうどんですね、分かります!

2015年度入学式と始業式

入学式

平成27年4月6日(月)に入学式が挙行されました。

環境都市工学科の新入生は45名、環境都市工学専攻の新入生は9名です。

ご入学おめでとうございます。学生生活を謳歌してくれることを環境都市工学科教職員一同願っておりますし、皆さんを強力にサポートしていきます。

 

平成26年度 第49回卒業式・第14回専攻科修了式

3/19(木)第49回卒業式・第14回専攻科修了式がアオーレ長岡にて行われました。

あいにくの天候ではありましたが、多くの方々からご参列いただきまして誠にありがとうございました。

その後の祝賀会、謝恩会ではお世話になった先生や仲間たちと大いに盛り上がったことと思います。

 

卒業生の皆さん、高専での生活はいかがだったでしょうか?

ここで学び、感じ、経験したものは無駄ではないと思います。

今後の皆様の活躍を期待すると共に、卒業を心よりお祝い申し上げます。

 

卒業おめでとうございました。

ページ