2014

インターンシップ報告会を開催しました。

10/14(火)にインターンシップ報告会を開催いたしました。

環境都市工学科の本科4年生が18名、専攻科1年生が7名の合計25名がこの夏休みにインターンシップを行いました。企業実習先は民間企業(ゼネコン、コンサルタント)、官公庁でした。

皆さん企業の雰囲気を肌で感じ取り、今後の進路選択に役立つことが期待されます。

 

学生を受入て頂いた企業の方々に感謝いたします。

 

発表の様子です。

 

質疑応答の様子です。

環境都市3年生の工場見学

 
環境都市工学科第3学年は,9月25日に,NEXCO東日本新潟支社ご協力のもと,北陸自動車道親不知ICの海岸高架橋波浪対策事業,上信越道4車線化事業の金谷山トンネル工事および太田切川橋工事現場を見学しました。
当日の天候は,雨風ともに強い気象条件でした。このような中でも,工事現場では,安全性を確保しながら事業進展を継続させている状況を見学できました。
 
金谷トンネル工事現場での説明の様子です。
 

サイエンスフェスタ

10月5日に長岡高専サイエンスフェスタ in 新潟が新潟県立自然科学館にて開催され、環境都市工学科も参加致しました。環境都市工学科ではミクロの生き物展「キレイな水の作り方教えます」というテー マで開催し、悪天候にも関わらず、小学生を中心に80組以上のお客さんが訪れました。展示では、上水処理で広く用いられている凝集沈殿法と下水処理で活躍 する微生物を観察する実験を行いましたが、キレイな水が出来た瞬間にはお客さんの目がキラキラ輝いていました。これからも科学に興味をもってぜひぜひ勉強 を続けて下さい!
 
最後に本展示にご協力頂きました皆様方、ご来場頂いた皆様へ厚く御礼申し上げます。
 

環境都市工学科4年生見学旅行

9/23から9/26まで3泊4日の見学旅行に行ってきました。見学先は、北海道の札幌、小樽、洞爺湖、室蘭でした。

今回の見学旅行のテーマは「都市を知ろう!」です。見学旅行で見るもの全てが環境都市工学そのものだということを学生達が気づいてくれたでしょうか?

 

では、どこに行ってきたのか、そのほんの一部を見てみましょう。

 

ここは、小樽の運河です。昔の運河の一部がこのように綺麗に保存されていました。小樽には運河以外にも歴史的な建造物が多数あり、3時間程度、班に分かれて散策を行いました。とてもコンパクトにまとまっている町で、3時間の散策もあっという間でした。

更新情報

  • 押木教員の研究室のホームページを追加しました。教員紹介よりご覧ください。
  • 本校のSystem Design Education Programのホームページをリンクに追加しました。

ジャパンスチールブリッジコンペティション

 
ジャパンスチールブリッジコンペティション(JSBC)は、例年、全国の大学の土木系鋼構造分野を専門とした研究等の学生チームが,与えられた条件を満たしながら、鋼橋の設計,製作および架設を行い、ものづくりの楽しさを経験するコンペティションです。このコンペティションでは、架設、美観、耐荷力性能の3点を評価し、競い合います。
今年度は、8月30、31日の両日に、大阪市立大学で開催されます。長岡高専環境都市工学科からは、構造研究室の学生6名が大会に参加し、優勝を目指します。
 
 
 

コンクリートの基礎知識に関する講習会2014

コンクリートの基礎知識に関する講習会2014が開催されました。

オープンキャンパス終了しました!

2014年度長岡高専オープンキャンパスが開催されました。

環境都市工学科で行った体験学習は大好評でした!

 

1.暮らしを支える「巨人」と「小人」~トラス橋を造ってみよう・微生物の捕獲にチャレンジ~

「巨人編」・・・つまようじで作るトラス橋は自由度も高く、参加した中学生はオリジナリティに富んだ橋を作っていました。時間があれば長生橋も再現できてしまいそうなほど、みなさん熱心でした。

             

 

2014年度オープンキャンパス 学科企画!(随時更新)

 

2014年度長岡高専オープンキャンパスが8月9日(土)と8月10日(日)に開催されます。

このトピックスでは環境都市工学科の予定している企画を紹介します。(随時更新)

現在、計画段階であり、都合により環境都市工学科の企画が変更になる場合がございます。ご了承ください。

オープンキャンパスの申込み方法については、本校ホームページにてご確認ください。

 

環境都市工学科では、以下の2つの体験学習テーマを行う予定です。

1.暮らしを支える「巨人」と「小人」~トラス橋を造ってみよう・微生物の捕獲にチャレンジ~

 「まち」と「まち」、「ひと」と「ひと」を繋げる橋。でも橋ってどうやって造るの?つまようじを使い三角形を組み合わせた大きくてじょうぶな橋を考えて、自分の好きな形にデザインしてみよう。微生物は、環境をきれいに保つために大切な仕事をしてくれる生物です。最新の環境バイオ技術を使い、微生物を捕獲してみよう。

2.巨大地上絵をグランドに描こう(雨天時別企画を予定)

環境都市工学専攻2年の韮澤洋平さん JCI年次論文奨励賞を受賞!!

環境都市工学専攻2年の韮澤洋平さんが2014年7月9日から11日の3日間で開催された社団法人日本コンクリート工学会(JCI)コンクリート工学年次大会2014(高松)において、年次論文奨励賞を受賞しました。
年次論文奨励賞は、若手(40歳未満)研究者を対象として、論文および講演の内容が特に優れていると認められたものに与えられます。
受賞者には後日、賞状および個人名を刻んだクリスタルトロフィーが授与されます。


受賞者: 環境都市工学専攻 2年 韮澤洋平

論文題目:腐食膨張挙動に対するコンクリートの拘束圧に及ぼす補強筋の影響とその影響範囲

所属研究室:コンクリート工学研究室 
http://www.nagaoka-ct.ac.jp/ci/ymurakami/index.html

指導教員:環境都市工学科 准教授 村上祐貴

コンクリート工学年次大会2014(高松)のページ

ページ