長岡高専技術協力会の見学会

長岡高専技術協力会 土木・建設分化会主催で現場見学会が開催され

専攻科1年生と5年生の数名が参加してきました。

 

設計段階での仕事について、工事が完了している現場で説明をしていただきました。

 

長岡大手高校の台町川崎線で行った橋梁工事での橋種の選定、仮設計画や施工計画などの説明を受け

比較検討図と図面を見ながら完成した橋梁を下から見学しています。

 

信濃川右岸築堤工事では矢板護岸工の工法、盛土工や土砂運搬計画と施工手順などの説明を受けています。

長岡花火が開催される関係で、工期が短く大変な大工事だったそうです。

 

建設コンサルタントにおける業務内容を知る機会はなかなか無く、説明を受けながら工事中の写真と現状を見比べることもでき

参加した学生にはとても良い経験になったかと思います。

 

ご協力いただきました、長岡高専技術協力会の大原技術株式会社様、高橋調査設計様ありがとうございました。