キャリア教育(3年生の連続講座)2回目

環境都市工学科ではキャリア教育の一環として、北陸地方整備局様のご協力の元、連続講座を開講しています。

2回目となる今回は11/19に行われ、一般国道8号線喜多町地内にある日越跨線橋の補修工事を見学してきました。

橋梁補修に関して、点検の方法や損傷に対する評価および補修方法の説明がありました。

補修前の断面の状況をみて、どの部分がどの評価なのかを確認しています。

現在施工中のひび割れ補修工の施工前と施工後の状況です。

今回はエポキシ樹脂注入による施工を見ることができました。

また、表面被覆工の施工前後の散水による断面の状況も確認できました。

 

建設後50年を迎えた橋梁は20%に達し、今後こういった橋梁点検や補修工事が多くなることは目に見えています。

参加した学生はそういった現状を知り、現場の見学を行うことができて良かったと思います。

 

今回の現場見学会にご協力いただきました

北陸地方整備局長岡国道事務所様、小杉土建工業株式会社様、開発技研株式会社様、開発技術コンサルタント様

この場を借りて御礼申し上げます、ありがとうございました。