スタッフ紹介

社会基盤維持管理工学研究室

井林 康(いばやし こう)

井林 康
職名: 教授
学位: 博士(工学)
役職: 環境都市工学科長
略歴: 1994年3月 東北大学工学部土木工学科 卒業
1996年3月 東北大学大学院工学研究科土木工学専攻 博士前期2年の課程 修了
1999年3月 東北大学大学院工学研究科土木工学専攻 博士後期3年の課程 単位取得退学
1999年4月 長岡工業高等専門学校 環境都市工学科 助手
2005年9月 長岡工業高等専門学校 環境都市工学科 助教授
2007年4月 長岡工業高等専門学校 環境都市工学科 准教授
2018年4月 長岡工業高等専門学校 環境都市工学科 教授
研究分野: 維持管理工学
鉄筋コンクリート工学
耐震工学
所属学会: 土木学会
日本コンクリート工学会
セメント・コンクリート研究会
主な担当教科: 建設技術史、構造力学、構造設計、土木解析学
WEBサイト: 社会基盤維持管理工学研究室

自己紹介

環境都市工学や土木工学は,人の生活と最も関わりの深い工学です.また,学問分野や専門的知識はもちろん,人間関係まで含め,自分の全く知らない,あらゆるところでつながっていると感じることが,最近増えてきています.

研究室情報

現在の主な研究テーマ:

  • タブレット端末を用いた橋梁点検システムの開発
  • スマートフォンを利用した市民参加型公共構造物点検システムの開発
  • 橋梁の点検調書に基づく劣化要因の分析
  • トンネルの点検調書に基づく劣化要因および施工方法の分析
  • 市町村における効率的な構造物維持管理手法の検討
  • コンクリート構造物の表層品質の調査
  • コンクリート構造物の表層品質確保のための施工方法の検討
  • 劣化損傷したコンクリート構造物の外観・腐食量調査
重要なお知らせ
to_top